【CSS】counterを利用した自動ナンバリング

css-counter-automatic-numbering

最近は、CSSというとCSS3にクローズアップされることが多いのですが、今回は、CSS2より追加された「counter(カウンタ)」の着目してみました。

CSSの「counter(カウンタ)」を使用すると連番などの自動ナンバリングの機能を実装することができます。

「1」「2」「3」「4」のような一般的なナンバリングをはじめ、「1.1.」「1.2.」「1.3.」「2.1.」のような章や節を表す形での実装、さらには「第1章」「第2章」「第3章」という書き出しをつけることができます。

さまざまな用途に応用ができそうな機能ですね。

「counter(カウンタ)」は、すべての要素において:before 擬似要素及び:after 擬似要素に当てた content プロパティで実装することができます。

※IE8よりサポート、IE6, 7は未サポート

さっそくサンプルを作りながら実装方法をまとめてみます。

基本的な使い方

「countercounter-reset」プロパティと「counter-increment」プロパティを使い基本設定を行います。

CSS実例

H1要素に対してコンテンツの前(before)に自動連番を設置しています。

body {
  counter-reset: number 0;           /* number のカウンタを 0 にセット */
}

h1:before {
  counter-increment: number 1;      /* number カウンタの増加数をセット */
  content: counter(number) " ";      /* 表示形式を指定 */
}

解説

サンプル例の「number」の部分は変数になるので自由に設定することができます。

プロパティ 内容説明
countercounter-reset カウントする値を初期化をします。
※数字は初期値です。省略をすると「0」になります。
counter-increment カウントの増加数をセットします。
※「1」をセットすると「1」ずつ増加することになります。
content 表示形式を指定します。例では、自動ナンバリングの後ろに” “で半角スペースをひとつセットしています。

表示イメージ

H1要素の前に連番が表示されます。途中に文章など他のコンテンツが入っていてもナンバリングされます。

css-counter-automatic-numbering-img-01

連番の前にテキストを付加する

「content」プロパティで、自動ナンバリングの前後にテキストを付加してみます。

CSS実例

body {
  counter-reset: number 0;           /* number のカウンタを 0 にセット */
}

h1:before {
  counter-increment: number 1;      /* number カウンタを増加 */
  content: "第" counter(number) "章 ";      /* 表示形式を指定 */
}

表示イメージ

css-counter-automatic-numbering-img-02

表示位置を後ろにする

「:after 擬似要素」を指定するとコンテンツの後ろにナンバリングをつけることができます。

CSS実例

body {
  counter-reset: number 0;           /* number のカウンタを 0 にセット */
}

h1:after {
  counter-increment: number 1;      /* number カウンタを増加 */
  content: " (第" counter(number) "章)";      /* 表示形式を指定 */
}

表示イメージ

css-counter-automatic-numbering-img-03

リスト形式を指定する

「list-style-type」と同様に英数字をはじめ、漢数字なども指定することができます。「content」プロパティのcounter()で表示形式を指定することができます。

CSS実例

body {
  counter-reset: number 0;           /* number のカウンタを 0 にセット */
}

h1:before {
  counter-increment: number 1;      /* number カウンタを増加 */
  content: "第" counter(number, cjk-ideographic) "章 ";      /* 表示形式を指定 */
}

表示イメージ

css-counter-automatic-numbering-img-04

プロパティ値

内容説明
armenian アルメニア数字
circle 白丸
cjk-ideographic 漢数字
decimal 算用数字 。olデフォルト値
decimal-leading-zero 先頭に0をつけた算用数字 (01, 02, 03, 等)
georgian グルジア数字
hebrew ヘブライ数字
hiragana ひらがな – あいうえお順
hiragana-iroha ひらがな – いろは順
inherit listStyleType プロパティの値は親要素から継承することを指定する
katakana カタカナ – アイウエオ順
katakana-iroha カタカナ – イロハ順
lower-alpha 小文字のアルファベット (a, b, c, d, e 等)
lower-greek 小文字のギリシャ文字
lower-latin 小文字のアルファベット (a, b, c, d, e 等)
lower-roman T小文字のローマ数字 (i, ii, iii, iv, v 等)
upper-alpha 大文字のアルファベット (A, B, C, D, E 等)
upper-latin 大文字のアルファベット (A, B, C, D, E 等)
upper-roman 大文字のローマ数字 (I, II, III, IV, V 等)

入れ子タイプのナンバリング

「ol」「li」を使った入れ子の場合、「1.1.」「1.2.」「1.3.」「2.1.」のような形式でナンバリングをすることができます。

CSS実例

「content」プロパティのcounters()を使うことで、入れ子に対応したナンバリングが作成されます。

ol {
  counter-reset : item ;
  list-style : none ;
}
li { display: block ; }
li:before {
  content: counters(item, ".") ". ";
  counter-increment: item ;
}

表示イメージ

css-counter-automatic-numbering-img-05

以上のようなかたちで「counter(カウンタ)」を使用するとテキストタイプの連番を作成することができます。

関連記事

美容室ヒュッゲ様WEBサイト制作

静岡県富士市にある『美容室ヒュッゲ』様のWEBサイトを制作いたしました。お店のナチュラルな雰囲気と、手書きのかわいらしいロゴに合わせて、水彩調のイラストやレースなどを用いてかわいらしいデザインをしました。ヘアギャラリーやスタッフブログなどCMSによる更新コンテンツも充実したホ...続きを読む

2019.06.14WEBサイト制作美容室

Webで最も人気のあるフロントエンド·テンプレート『html5-boilerplate』

『html5-boilerplate』は無償でコピー、加工、再配布が可能なHTML5ベースのテンプレートパッケージです。 このパッケージのコンセプトとして、フロントエンド(初期段階)にかかる作業を短縮して、高速で堅牢、柔軟性のあるWEBアプリやサイトを素早く構築すること...続きを読む

2015.02.06HTMLコーディング

【デザイン】フォトグラファーポートフォリオサイト

今回は、フォトグラファーのポートフォリオサイトを集めてみました。サイトごと写真の見せ方に工夫がありますね。 http://www.vivienneballa.com/ Link:http://www.vivienneballa.com/ http://w...続きを読む

2015.02.15インスピレーション

MakeShop(メイクショップ)の販売代理店となりました

デザインスタジオ・エフではこのたび、GMOグループのMakeShop(メイクショップ)の販売代理店となりました。 月額無料から利用できるショッピングカート。MakeShopは、ネットショップの開店から運用までの一連の作業を効率化し、ネットショップオーナーをサポートします。 ...続きを読む

2015.03.24

【WP】ログインページをカスタマイズする方法

WordPressのログインページはプラグインなどを利用してカスタマイズすることができます。 今回は、プラグインを使わずにアクションフックを利用してWordPressのログインページで利用されるCSSをカスタマイズしてオリジナルのデザインに変更する方法をご紹介します。 ...続きを読む

2015.02.25WordPress