GoogleのSEO動物園

google-seo-zoo

検索エンジンのGoogleにおいてSEO対策で動物園と言われても何のことなのかと思ってしますが、Googleの動物園には有名なところで「パンダ」「ペンギン」「ハミングバード」がいます。

実際の動物がいるのではなく、Googleでサイトなどを分析するアルゴリズムの名前に「パンダ」「ペンギン」「ハミングバード」という名称が付けられているため、動物園とたとえられることがあるみたいです。

では、SEO動物園はSEO対策としてどのようなことを指し示しているのでしょうか。それは「パンダ」「ペンギン」「ハミングバード」などのアルゴリズムを知ることでGoogleが検索順位においてどのようなこと重視しているのかの傾向を把握したり、アルゴリズムの変更により順位がどのように変動をするのかを調査することでSEO対策としてサイトをどのよう点が評価されているのかを調べることが挙げられています。

Google Panda (グーグル パンダ)

Google Panda (グーグル パンダ)は最初2011年2月にリリースされたGoogleの検索結果のランキングアルゴリズムの変更時に登場したといわれています。

Google Panda (グーグル パンダ)は主に「低品質なサイト」かどうかを判断してサイトを「高品質なサイト」の順位確保するために働いています。サイトの良し悪しを白黒つけるという意味もありパンダを名前付けられたそうです。

Google Panda (グーグル パンダ)が登場した背景には、オリジナルのコンテンツを制作しているサイトを守り、検索者にとって有益ではない、重複、重複や冗長なコンテンツを除外することで検索エンジンの品質を向上する目的があるそうです。

Google Penguin (グーグル ペンギン)

Google Penguin (グーグル ペンギン)は、2012年4月24日に発表されたGoogleのアルゴリズムの更新時に登場したといわれています。

Google Penguin (グーグル ペンギン)は、Googleのウェブマスターのためのガイドラインに挙げられている「違反ウェブサイト」を排除するために働いています。

この「違反ウェブサイト」には、購入した外部リンク、コンテンツに関係のないキーワードをページに詰め込むこと、クローキング(検索エンジン向けの情報とヒトがみる情報を故意的に異なる情報を表示すること)、隠しテキストや隠しリンクなどがあります。

Google Hummingbird(グーグル ハミングバード)

2013年9月に導入された新しい検索アルゴリズム「Hummingbird」(ハミングバード)。Googleのランキングアルゴリズムの中核となるコアエンジンの切り替えとして注目を集めました。

ハミングバード=ハチドリの名前は「正確で速い」ということからつけれています。

従来の検索エンジンでは、特定のキーワードを中心により結果が表示されていましたが、「Hummingbird」(ハミングバード)によってより会話的な内容の検索結果を返すことができるとされています。

例えば「iPhoneの5Sが買える一番近いお店の場所どこ?」というキーワードで検索された場合、従来は「iPhone 5S」、「買う」といった区切られたキーワードに合致したページを結果として表示されていたのが、文章全体の意味や背景を考慮して検索結果が表示されるようになったといわれています。

「パンダ」「ペンギン」「ハミングバード」それぞれのアルゴリズムの傾向は異なりますが、共通することはサイトの内容を重視していることかと思います。オリジナルのコンテンツでキーワードを文脈のある文章に盛り込んだコンテンツ作りが一番のSEO対策につながるでのはないでしょうか。

関連記事

【JavaScript】チェックボックスとラジオボタンのデザインをカスタマイズする『iCheck』

フォームなどで使われるチェックボックスとラジオボタンのデザイン。「jQuery」と「Zepto」を使いチェックボックスとラジオボタンのデザインをカスタマイズするライブラリ『iCheck』をご紹介します。 実装イメージ 『iCheck』はいくつかのスキンデータも用意され...続きを読む

2015.02.10HTMLコーディング

【HTML】Adobe Dreamweaverを使いSass・SCSSをコンパイルする方法

前回、ブログにて「Sass・SCSSを使うことでWEBサイトの制作を効率化すること」をとりあげました。そこでSass・SCSSは、どちらもCSSを効率よく記述することができること。そして、Sass・SCSSを変換(コンパイル)してCSSとして書き出してWEBサイトに組み込むことを...続きを読む

2019.05.16HTMLコーディング

【HTML】Font Awesome 5 をWEBサイトに組み込む方法

Font AwesomeはWEBサイトにも組み込むことができるアイコンフォントです。現行の最新バージョン(Version 5.8.1)では、無料版で1,513種類、有料版で5,097種類ものアイコンが利用することができます。アイコンは矢印やインターフェースで利用でいる記号、SNS...続きを読む

2019.04.24HTMLコーディング

HTML5 + CSS3 レスポンシブサイト テンプレート『Minimaxing』

スマートフォンが普及して、WEBサイトをスマートフォンで閲覧することも多くなっています。従来のWEBサイトをスマートフォンに対応したいと検討される方もいらっしゃると思います。 今回、ご紹介するのはパソコン、タブレット、スマートフォンに対応したレスポンシブ型のWEBサイト...続きを読む

2015.02.06HTMLコーディング

【WP】5段階評価ができる「Yet Another Stars Rating」の導入方法

商品などのレビューに評価として星がついているのを見かけることがあると思います。外部からの評価として商品購入の参考にもなります。 今回はWordPress上の記事に5つ星の評価をつけることができるプラグイン「Yet Another Stars Rating」の導入方法をご...続きを読む

2015.04.15WordPress