【WP】ログインページをカスタマイズする方法

customizing-the-wordpress-login-page

WordPressのログインページはプラグインなどを利用してカスタマイズすることができます。

今回は、プラグインを使わずにアクションフックを利用してWordPressのログインページで利用されるCSSをカスタマイズしてオリジナルのデザインに変更する方法をご紹介します。

ログインページをカスタマイズする

login-page

functions.php

ログイン画面ページのhead内で実行される処理を追加します。「functions.php」に「add_action」を使い以下のように記述をします。

// ログインページのヘッダに関数「custom_login」を追加をする
add_action('login_head', 'custom_login');
 
// 関数「custom_login」の実行内容:カスタマイズしたCSSを新しく読込む
function custom_login() {
echo '<link rel="stylesheet" type="text/css" href="' . get_bloginfo( 'stylesheet_directory' ) . '/custom-login.css" />';
}

カスタムCSS

デザインをカスタマイズしたCSSファイル「custom-login.css」を用意します。

ロゴのみを変更する場合は、以下のスタイルの指定で行うことが出来ます。

/* custom-login.css */

.login h1 a {
    background-image: url("../images/apple-114.png");
}

オリジナルデザインのCSSファイルや画像をサーバにアップロードして完了です。

login-page-02

標準CSS

ロゴ以外のデザインを変更をする場合、WordPressの標準CSS(バージョン 3.7.1)の内容をカスタマイズの参考にしてみてください。

.login * {
    margin: 0;
    padding: 0;
}
.login form {
    background: none repeat scroll 0 0 #FFFFFF;
    border: 1px solid #E5E5E5;
    box-shadow: 0 4px 10px -1px rgba(200, 200, 200, 0.7);
    font-weight: 400;
    margin-left: 8px;
    padding: 26px 24px 46px;
}
.login form .forgetmenot {
    float: left;
    font-weight: 400;
    margin-bottom: 0;
}
.login .button-primary {
    float: right;
}
#login form p {
    margin-bottom: 0;
}
#login form p.submit {
    padding: 0;
}
.login label {
    color: #777777;
    font-size: 14px;
}
.login form .forgetmenot label {
    font-size: 12px;
    line-height: 19px;
}
.login h1 a {
    background-image: url("../images/wordpress-logo.png?ver=20120216");
    background-position: center top;
    background-repeat: no-repeat;
    background-size: 274px 63px;
    display: block;
    height: 67px;
    outline: 0 none;
    overflow: hidden;
    padding-bottom: 15px;
    text-indent: -9999px;
    width: 326px;
}
#login {
    margin: auto;
    padding: 114px 0 0;
    width: 320px;
}
#login_error, .login .message {
    margin: 0 0 16px 8px;
    padding: 12px;
}
.login #nav, .login #backtoblog {
    margin: 0 0 0 16px;
    padding: 16px 16px 0;
    text-shadow: 0 1px 0 #FFFFFF;
}
#backtoblog {
    padding: 12px 16px 0;
}
.login form .input, .login input[type="text"] {
    background: none repeat scroll 0 0 #FBFBFB;
    border: 1px solid #E5E5E5;
    box-shadow: 1px 1px 2px rgba(200, 200, 200, 0.2) inset;
    color: #555555;
    font-size: 24px;
    font-weight: 200;
    line-height: 1;
    margin-bottom: 16px;
    margin-right: 6px;
    margin-top: 2px;
    outline: 0 none;
    padding: 3px;
    width: 100%;
}
.login #pass-strength-result {
    border-style: solid;
    border-width: 1px;
    font-weight: 700;
    margin: 12px 0 6px;
    padding: 6px 5px;
    text-align: center;
    width: 250px;
}
.mobile #login {
    padding: 20px 0;
}
.mobile #login form, .mobile #login .message, .mobile #login_error {
    margin-left: 0;
}
.mobile #login #nav, .mobile #login #backtoblog {
    margin-left: 8px;
}
.mobile #login h1 a {
    width: auto;
}
body.interim-login {
    height: auto;
}
.interim-login #login {
    margin: 5px auto 20px;
    padding: 0;
}
.interim-login.login h1 a {
    width: auto;
}
.interim-login #login_error, .interim-login.login .message {
    margin: 0 0 16px;
}
.interim-login.login form {
    margin: 0;
}

関連記事

【CSS】counterを利用した自動ナンバリング

最近は、CSSというとCSS3にクローズアップされることが多いのですが、今回は、CSS2より追加された「counter(カウンタ)」の着目してみました。 CSSの「counter(カウンタ)」を使用すると連番などの自動ナンバリングの機能を実装することができます。 ...続きを読む

2015.02.09HTMLコーディング

ぴんきぃまこ様WEBサイト制作

藤枝市青葉町にあるドックトリミングサロン「ぴんきぃまこ」様のWEBサイトを制作いたしました。ロゴに合わせてピンク色のベースに、大人っぽい可愛らしさを演出できるようにデザインをしました。お店からの最新情報をお届けできるように、CMSで構築し、お知らせやおすすめ商品、スタッフ...続きを読む

2018.06.01WEBサイト制作

【CSS】リンクフォーカスを利用したナビゲーションのボタン操作

CSSの{a:hover}を使うとマウスオーバーの操作によって背景の色や画像を変えることができます。ナビゲーションメニューなどによく使われる手法ですが今回は{a:focus}に着目してみました。 {a:focus}はリンクにフォーカスされているとき。クリックされた時やT...続きを読む

2015.02.08HTMLコーディング

プロモーションビデオ制作の制作事例を公開いたしました!

店舗や会社、商品やサービスを動画で紹介してみませんか。 インターネット環境の高速化やスマートフォンの普及により多くの方が動画コンテンツを身近に楽しむようになりました。そして、動画コンテンツは、新しいマーケティングツールとして注目されています。 店舗のオープンやイベントのお知ら...続きを読む

2018.09.11

【WP】WordPressのアーカイブリストの「年月」表示をカスタマイズする

WordPressでは投稿された記事に対して、年別や月別のアーカイブを生成できます。アーカイブのリスト表示は2014年1月というように掲載されますが、年や月の表示を変えて表示したいこともあります。 アーカイブの日付表示 投稿された記事の日付の形式はWordPr...続きを読む

2015.02.19WordPress