【デザイン】無料でダウンロードができるベクター素材サイトまとめ

free-vector-images-download-site

WEBサイトやデザイン制作において、ベクター素材は加工もし易くロゴやアイコンいろんな場面で活躍します。そんなベクター素材が無料でダウンロードできるサイトをまとめてみました。

Vector Stock

ユーザー登録が必要ですが、有料から無料のロイヤリティーフリーの素材がダウンロードできます。点数も多くさまざまなジャンルの素材があります。

VectorStock

Vector4Free

登録不要でフリー素材をダウンロードすることできます。タグやキーワードで素材を検索でき、素材ごとにライセンス情報も掲載されています。

Vector4Free

Qvectors

登録不要でフリー素材をダウンロードすることできます。タグやキーワードで素材を検索でき、素材ごとにライセンス情報も掲載されています。アイコンや背景、パターン系の素材が多い印象です。

Qvectors

Adobe Illustrator Exchange Classic

Adobeの公式コミュニティです。ダウンロードにはAdobe IDが必要になりますが、ライセンスフリーのデータが多く公開されています。

Adobe-IllustratorExchangeClassic

Free Vectors

デザイナーチームが作成した素材をダウンロードすることができます。個人での利用はフリーですが商用の場合は、商用ライセンスの購入が必要とのことです。

FreeVectors

以上、ベクター素材を扱うサイトはまだまだたくさんありますが、無料の素材が多くライセンスがわかりやすいサイトをまとめてみました。

関連記事

MakeShop(メイクショップ)の販売代理店となりました

デザインスタジオ・エフではこのたび、GMOグループのMakeShop(メイクショップ)の販売代理店となりました。 月額無料から利用できるショッピングカート。MakeShopは、ネットショップの開店から運用までの一連の作業を効率化し、ネットショップオーナーをサポートします。 ...続きを読む

2015.03.24

【デザイン】HTML5を使用したアニメーションサイト

HTML5より新しく登場した「Canvas」などによって、AdobeのFlashのような動的な2次元グラフィックを、HTML形式ファイルをベースに制作することができるようになりました。 今後、デザインとして設計されるのはもちろん、アニメーションやゲーム、WEBアプリケー...続きを読む

2015.02.16インスピレーション

モバイル端末の画面サイズまとめ

WEBサイトを制作するときのサイズの基準になるのが画面の解像度です。 基本的には、ディスプレイサイズに合わせてデザインされるので、横幅が920px~1024pxあたりでレイアウトされるのが主流といえます。 最近では、スマートフォンやタブレットなどでWEBサイトを閲覧する機...続きを読む

2015.02.06HTMLコーディング

【ツール】レスポンシブサイトの確認に便利なViewportエミュレーター『Dimensions』

レスポンシブサイトを制作すると、PCやスマートフォン、タブレットでそれぞれ表示が異なるため、表示もそれぞれの端末に合わせたサイズでの確認が必要になります。 そこで便利なツールとして、Google Chromeのアプリに端末サイズごとのシミュレーションができる『Dimen...続きを読む

2015.02.10HTMLコーディング

【デザイン】印象に残るビジネスカードデザイン

名刺は自分たちのことを覚えてもらうために重要なビジネスツールです。そこで受け取ったら印象に残るであろうデザインのビジネスカードを集めてみました。 Tok&Stok(Business Card) ブラジルの家具メーカー「Tok&Stok」のビジネスカード...続きを読む

2015.02.15インスピレーション