【JavaScript】ページ内リンクでページスクロールを実現する「smoothScroll.js」

「smoothScroll.js」は、ページ内リンクでページをスクロールを実装できすJavaScriptライブラリです。jQueryを実装していない状態でも稼働するので、手軽に導入できます。

基本的な使い方

導入は簡単、ライブラリを読み込むだけで実装でき、設置後はページ内のリンクがスクロールに対応します。

<script type="text/javascript" src="./smoothScroll.js"></script>

スクロールを解除する

「smoothScroll.js」でよいところは特定のリンクはスムーズさせない指定ができることです。例えば、ページ移動せずに内容を変更するタブ形式のデザインなどを実装するとき、ページ内リンクで表示の切り替えを行うと意図せずスクロールしてしまうことがあります。そのような場合は、スクロールさせたくない機能があると、解除してスクロールするのを防ぐことができます。

スクロールを機能させない場合は、リンクに「data-tor-smoothScroll=”noSmooth”」を追記することで制御することができます。

<a href="#top" data-tor-smoothScroll="noSmooth">スムーズなし</a>

「smoothScroll.js」ダウンロード

MITライセンスで公開しており利用することができます。開発・公開をしている株式会社トゥーアール(to-R)さんには感謝です。

関連記事

【フォト】冒険と遊びの喫茶店 らみぃ

藤枝駅の近くにある冒険と遊びの喫茶店「らみぃ」に行ってきました。ボードゲームが遊べるプレイスペースで、並んでいるボードゲームをみるとワクワクします。 アナログゲームをじっくりと遊ぶことができるお店、はじめていきましたが、楽しい時間を過ごせてとても充実した時間を過ごせました!...続きを読む

2018.02.22フォトギャラリー藤枝

モバイル端末の画面サイズまとめ

WEBサイトを制作するときのサイズの基準になるのが画面の解像度です。 基本的には、ディスプレイサイズに合わせてデザインされるので、横幅が920px~1024pxあたりでレイアウトされるのが主流といえます。 最近では、スマートフォンやタブレットなどでWEBサイトを閲覧する機...続きを読む

2015.02.06HTMLコーディング

【WP】ワードプレスで会員登録機能を実装するプラグイン「WP-Members」

今回紹介するプラグイン「WP-Members」を使用すると、WordPressでユーザーの登録フォームを公開したり、会員情報として住所やフリガナなど項目をカスタマイズすることや、登録しているユーザーのみに記事を限定に公開する機能を構築することができます。 WP-Member...続きを読む

2016.07.01WordPress

【WP】オリジナルショートコードの作り方

WordPressでは、shortcodes(ショートコード)という簡単な記述で、事前の用意された処理コードを実行することができます。 ショートコードを作成する ショートコードの作成はPHP関数の基本的な必要になりますが、オリジナルのショートコードは簡単に作成すること...続きを読む

2015.02.24WordPress

【CSS】CSS3による枠線の新しい表現方法

CSS3より定義された「Border Radius」「Border Image」を使うことで角丸のボックスや、罫線の装飾によってこれまで画像で作成していた要素をCSSのみでデザインすることができるようになりました。 角丸(border-radius) 「b...続きを読む

2015.02.08HTMLコーディング