【WP】アップロードするメディアフォルダをカスタマイズする

wordpress-upload-dir

wordpressでは画像などのメディアファイルを投稿すると初期設定では「投稿年」「投稿月」のフォルダが作られ、そのフォルダ内にデータがアップロードされます。

コーポレートサイトとして運用しカスタム投稿や固定ページを多く使用するような場合はカスタム投稿やページ毎に分けてフォルダを作成して画像を管理すると効率が良いことがあります。例えば、「ギャラリー」というカスタム投稿を作成し、投稿記事毎にフォルダを分けて画像を管理したいなど。

そこで今回はメディアファイルを保存するフォルダをカスタマイズできるプラグイン「Custom Upload Dir」をご紹介します。

Custom Upload Dir

プラグインは管理画面からのプラグインの検索、または「wordpress.org」からダウンロードすることができます。

設定方法

「Custom Upload Dir」をインストール後、有効化すると「設定」メニューに「Custom Upload Dir」が追加されます。メニューを開き「Customize upload directory」ページでアップロードするフォルダを設定することができます。

※ ルートフォルダの「uploads」は固定になりますので「uploads」以下にフォルダが生成されます。

wordpress-custom-upload-dir-01

標準の設定を利用しない

標準の「投稿年」「投稿月」を利用しない場合は「Organize my uploads into month- and year-based folders」のチェックを外します。

wordpress-custom-upload-dir-02

フォルダをカスタマイズする

「Build a path template:」にフォルダ名を入力することでアップロードするフォルダをカスタマイズすることができます。

例えば「sample」と入力すると「sample」というフォルダが作られそのフォルダ内にメディアファイルがアップロードされます。

wordpress-custom-upload-dir-03

また、プレースホルダが設定されているので投稿条件に応じてフォルダ名を動的に設定することも可能です。

プレースホルダは以下のようになっています。

プレースホルダ名 説明
%file_ext% The file extension:アップロードされるメディアの拡張子名
%post_id% The post ID:投稿記事のID名
%author% The post author:投稿記事の作成者ID
%postname% The post’s URL slug:投稿記事のスラッグ名
%parent_name% The parent URL slug:親カテゴリーのスラッグ名
%post_type% カスタム投稿のスラッグ名
%year% The post’s year (YYYY):投稿記事の年
%monthnum% The post’s month (MM):投稿記事の月
%day% The post’s day (DD):投稿記事の日
%permalink% Match your blog’s permalink structure:パーマリンク構造(?p=)
%current_user% The currently logged in user:ログインしているユーザーID
%category% The post’s categories:カテゴリーのスラッグ名
%post_tag% The post’s tags:タクソノミーのスラッグ名

カテゴリーやタクソノミーをフォルダに設定した場合、投稿する記事にカテゴリーやタクソノミーを設定した後、下書きまたは公開をしないと正しくフォルダが生成されない場合がありますのでご注意ください。

フォルダの生成方法の設定

「Settings for taxonomy hierarchies:」の設定で、カテゴリーやタクソノミーなどで「親」「子」が同時に設定される場合のフォルダの生成方法を変えることができます。

項目名 説明 Always get all parents 設定されているすべての名前でフォルダを作成する Flat filesystem (no subfolders for children) 「親」と「子」をフォルダで分けずにスラッシュ(-)でつなげたひとつのフォルダとして作成する Ignore parents (use only leaf node of hierarcy) 一番上の「親」だけのフォルダを作成する Ignore children (use only the root of hierarchy) 一番下の「子」だけのフォルダを作成する

以上が「Custom Upload Dir」における基本的な設定内容です。最後に「Update Settings」ボタンを押して設定内容を保存するとカスタマイズされた条件で画像などのメディアファイルのアップロード先が変わります。

関連記事

【WP】ワードプレスのカスタムメニューのカスタマイズ

先日ご紹介をしたWordPressのカスタムメニューの機能。出力されるタグをみるとクラス名が多く記述されているのがわかります。記述されているクラス名を使いCSSでメニューのデザイン、表示など変更する事も可能ですが、クラス名が多すぎて煩雑になりやすいので、今回はよりカスタマイズ...続きを読む

2015.08.19WordPress

Google ChromeでSSL化(暗号化)されていないページを閲覧すると警告表示がされます

2018年7月から最新のGoogle Chrome ブラウザを使用して、WEBサイト(ホームページ)を閲覧すると、SSL化されていないページでは、「保護されていません/保護されていない通信」という警告文が表示されるようになりました。Google が「保護されたウェブの普及を目指し...続きを読む

2018.08.18SSLWEB

【HTML】Bootstrap4を使いレスポンシブサイトをコーディングする《導入編》

Twitterのデザイナーや開発者が作成した『Bootstrap』は、フロントエンドのフレームワークとオープンソースプロジェクトです。『Bootstrap』は、CSS、JS、およびフォントが基本セットになっています。HTMLのテンプレートソースを組み合わせて、レスポンシブ対応...続きを読む

2018.09.22BootstrapHTMLコーディング

【WP】WordPressの本文抜粋・本文の一部を取得する

WordPressで投稿された記事の本文の一部「抜粋」を取得するために、テンプレートタグthe_excerpt()とget_the_excerpt()があります。the_excerpt()とget_the_excerpt()は、投稿時に抜粋欄へ入力があればその内容が表示され、抜粋...続きを読む

2018.12.04HTMLコーディングWordPress

美容室グランディール様紹介カード制作

富士宮市にある『美容室グランディール』様の紹介カードを制作いたしました。お店を紹介するショップカードとしての機能と、お客様が親族・ご友人の方などに紹介いただける紹介カードの2つの機能があるカードです。光沢をつけて高級感のあるデザインにいたしました。 クライア...続きを読む

2015.02.18名刺・カード制作美容室