【WP】アップロードするメディアフォルダをカスタマイズする

wordpress-upload-dir

wordpressでは画像などのメディアファイルを投稿すると初期設定では「投稿年」「投稿月」のフォルダが作られ、そのフォルダ内にデータがアップロードされます。

コーポレートサイトとして運用しカスタム投稿や固定ページを多く使用するような場合はカスタム投稿やページ毎に分けてフォルダを作成して画像を管理すると効率が良いことがあります。例えば、「ギャラリー」というカスタム投稿を作成し、投稿記事毎にフォルダを分けて画像を管理したいなど。

そこで今回はメディアファイルを保存するフォルダをカスタマイズできるプラグイン「Custom Upload Dir」をご紹介します。

Custom Upload Dir

プラグインは管理画面からのプラグインの検索、または「wordpress.org」からダウンロードすることができます。

設定方法

「Custom Upload Dir」をインストール後、有効化すると「設定」メニューに「Custom Upload Dir」が追加されます。メニューを開き「Customize upload directory」ページでアップロードするフォルダを設定することができます。

※ ルートフォルダの「uploads」は固定になりますので「uploads」以下にフォルダが生成されます。

wordpress-custom-upload-dir-01

標準の設定を利用しない

標準の「投稿年」「投稿月」を利用しない場合は「Organize my uploads into month- and year-based folders」のチェックを外します。

wordpress-custom-upload-dir-02

フォルダをカスタマイズする

「Build a path template:」にフォルダ名を入力することでアップロードするフォルダをカスタマイズすることができます。

例えば「sample」と入力すると「sample」というフォルダが作られそのフォルダ内にメディアファイルがアップロードされます。

wordpress-custom-upload-dir-03

また、プレースホルダが設定されているので投稿条件に応じてフォルダ名を動的に設定することも可能です。

プレースホルダは以下のようになっています。

プレースホルダ名 説明
%file_ext% The file extension:アップロードされるメディアの拡張子名
%post_id% The post ID:投稿記事のID名
%author% The post author:投稿記事の作成者ID
%postname% The post’s URL slug:投稿記事のスラッグ名
%parent_name% The parent URL slug:親カテゴリーのスラッグ名
%post_type% カスタム投稿のスラッグ名
%year% The post’s year (YYYY):投稿記事の年
%monthnum% The post’s month (MM):投稿記事の月
%day% The post’s day (DD):投稿記事の日
%permalink% Match your blog’s permalink structure:パーマリンク構造(?p=)
%current_user% The currently logged in user:ログインしているユーザーID
%category% The post’s categories:カテゴリーのスラッグ名
%post_tag% The post’s tags:タクソノミーのスラッグ名

カテゴリーやタクソノミーをフォルダに設定した場合、投稿する記事にカテゴリーやタクソノミーを設定した後、下書きまたは公開をしないと正しくフォルダが生成されない場合がありますのでご注意ください。

フォルダの生成方法の設定

「Settings for taxonomy hierarchies:」の設定で、カテゴリーやタクソノミーなどで「親」「子」が同時に設定される場合のフォルダの生成方法を変えることができます。

項目名 説明 Always get all parents 設定されているすべての名前でフォルダを作成する Flat filesystem (no subfolders for children) 「親」と「子」をフォルダで分けずにスラッシュ(-)でつなげたひとつのフォルダとして作成する Ignore parents (use only leaf node of hierarcy) 一番上の「親」だけのフォルダを作成する Ignore children (use only the root of hierarchy) 一番下の「子」だけのフォルダを作成する

以上が「Custom Upload Dir」における基本的な設定内容です。最後に「Update Settings」ボタンを押して設定内容を保存するとカスタマイズされた条件で画像などのメディアファイルのアップロード先が変わります。

関連記事

【デザイン】バレンタインカードにぴったりなデザインワークスまとめ

今日は、バレンタインにちなんだカードのデザインワークスをまとめみました。ツールのキットやハウツーが掲載されており実際にカードを作るときの参考にもなります。 Hearts a Flutter ツールキットを組み合わせて制作されたカードです。ハートやリボンの組み合わせがか...続きを読む

2015.02.15インスピレーション

【JavaScript】文字設定をレスポンシブ対応してくれるライブラリ『FlowType』

『FlowType』はレスポンシブデザインのサイトにおいて、横幅の変化に応じて設定されている文字の大きさや行の高さを自動的に調整をしているJavaScriptライブラリです。 イメージ ダウンロード ライブラリのダウンロードはこちらから行うことが出来ます。 ...続きを読む

2015.02.10HTMLコーディング

【CSS】スタイルシートが適用される優先順位について

WEBサイトのデザインでは定番になっているCSS(カスケーディング・スタイル・シート)。最近では、CSSで出来ることも多くなり、自然と記述する内容を多くなってきています。また外部のライブラリーなどを読み込むとCSSのボリュームが増えます。 そうなると、同じ名前の宣言で異...続きを読む

2015.02.06HTMLコーディング

【CSS】スタイルシートだけで縦方向と横方向でセンタリングする方法

WEBデザインで画像やレイアウトした要素を中央に揃えるレイアウトを作ることがよくあります。実際にHTMLにコーディングをするときに、横位置をセンターにする場合や、縦位置をセンターにする場合などCSSだけで実現する方法をまとめてみました。 { margin: 0 auto...続きを読む

2015.02.07HTMLコーディング

モバイル端末の画面サイズまとめ

WEBサイトを制作するときのサイズの基準になるのが画面の解像度です。 基本的には、ディスプレイサイズに合わせてデザインされるので、横幅が920px~1024pxあたりでレイアウトされるのが主流といえます。 最近では、スマートフォンやタブレットなどでWEBサイトを閲覧する機...続きを読む

2015.02.06HTMLコーディング