【WP】ワードプレスのカスタムメニューのカスタマイズ

wordpress-nav-menus-customization

先日ご紹介をしたWordPressのカスタムメニューの機能。出力されるタグをみるとクラス名が多く記述されているのがわかります。記述されているクラス名を使いCSSでメニューのデザイン、表示など変更する事も可能ですが、クラス名が多すぎて煩雑になりやすいので、今回はよりカスタマイズしやすい様に標準のクラス名を独自のクラス名に置き換える方法をご紹介します。

標準的なカスタムメニューの出力例

// 標準的なカスタムメニューの出力例
<ul id="menu-menu" class="nav-menu">
<li class="menu-item menu-item-type-custom menu-item-object-custom current-menu-ancestor current-menu-parent menu-item-has-children menu-item-326" id="menu-item-326"></li>
</ul>

LI要素のクラス名を整理する

フィルターフックadd_filter()を使用する事で、カスタムメニューの出力タグに変更を加えることができます。

最初に、標準のクラス名を無くして、自分で指定したクラス名のみをLI要素に反映する方法です。以下のコードを「functions.php」内に記述します。

// (1)LI要素に共通のクラス名を指定する
add_filter('nav_menu_css_class' , 'my_nav_class' , 10 , 1);
function my_nav_class($classes){
  $classes = array(); // クラス名を初期化
  $classes[] = 'my_class'; // 出力するクラス名を設定
  return $classes;
}

wp_nav_menu()によって出力されるタグをみるとクラス名に「my_class」のみが反映されているのがわかります。

// (1)LI要素に共通のクラス名を指定する処理後の出力タグ
<ul id="menu-menu" class="nav-menu">
<li class="my_class" id="menu-item-326"></li>
</ul>

すべてのLI要素に共通するクラス名の場合は以上の処理で対応することができます。

次にLI要素ごとクラス名を変えたい場合はどのようにすればよいのか。実はWordPressの管理画面内でカスタムメニューを設定するときに、LI要素には独自にクラス名をつけることができるようになっています。

まずは、下の図のように各メニューの項目内にある「CSS class」にクラス名を入力します。

wordpress-nav-menus-customization-01

※ メニュー内容の設定欄に「CSS class (オプション)」の表示が無い場合は、ページ上にある「表示オプション」を開き「CSS クラス」にチェックが入っているか確認をしてみてください。

フィルターフックadd_filter()によって処理をしないままだと、上記で入力したクラス名は「menu-item」などの標準のクラス名と一緒に出力されます。そこで、不要なクラス名を無くすための処理として以下のコードを「functions.php」内に記述します。

以下のコードでは、使用するクラス名のみが反映される処理になっています。

「array(‘current-menu-item’,’my_class01′,’my_class02′)」の部分が、使用したいクラス名を指定している箇所になります。

// (2)LI要素に任意のクラス名を指定する
add_filter('nav_menu_css_class', 'my_css_attributes_filter', 10, 1);
function my_css_attributes_filter($var) {
    return is_array($var) ? array_intersect($var, array('current-menu-item','my_class01','my_class02')) : '';
}

wp_nav_menu()によって出力されるタグをみると管理画面で設定されたクラス名が反映されるようになっています。

// (2)LI要素に任意のクラス名を指定する処理後の出力タグ
<ul id="menu-menu" class="nav-menu">
<li class="current-menu-item my_class01" id="menu-item-326"></li>
<li class="my_class02" id="menu-item-326"></li>
</ul>

以上が、カスタムメニューのクラス名を置き換える方法の一例になります。出力されるタグはフィルターフックadd_filter()を使用する事で変更が可能です。上記で紹介した例以外でも独自の処理を加えて出力するタグを変更することができますので、目的に応じて試してみてください。

関連記事

藤枝おんぱく2019「No.31 出世城‼田中城に秘められた パワースポットすまいるウォーキング!」

5月12日に開催された藤枝おんぱく2019のプログラム、No31.出世城‼田中城に秘められた パワースポットすまいるウォーキング!に行ってきました。 藤枝に住んで30余年、身近なところに住んでいても知らなかった田中城の周辺を巡るウィーキングです! 今回巡...続きを読む

2019.05.30フォトギャラリー藤枝

【WP】ソーシャルボタンを設置できる「WP Social Bookmarking Light」の導入方法

ソーシャルメディアを通じて「いいね」と評価される記事が共有され多くの人に広がることは、第三者から好評を得ている、評判がいいことが多いと思います。 またSEOにおいては、内容が良いものはより上位に掲載されるという考え方があり、ソーシャルメディアで評価されることはSEO対策にも...続きを読む

2015.04.14WordPress

【デザイン】フード&ドリンクのメニューデザインまとめ

先日、レストランの店舗様のWEBサイトやメニュー表、名刺などのデザインワークスを手掛けさせていただくことになりました。 今日は、フードやドリンクのメニューデザインで参考になったデザインワークスのまとめです。 Discover YOUR WAY Cafe - Patra...続きを読む

2015.02.15インスピレーション

2015年のウェブサイトのデザイントレンド

2015年も4月新年度を迎えますね。年度の切り替わるこの時期はウェブサイトのリニューアルも多いと思います。今回は、2015年の注目されるウェブサイトのデザイントレンドをご紹介します。 Startup Framework 「Startup」タイプのウェブサイトは1ページ...続きを読む

2015.03.26WEB

【HTML】Bootstrap4を使いレスポンシブサイトをコーディングする《導入編》

Twitterのデザイナーや開発者が作成した『Bootstrap』は、フロントエンドのフレームワークとオープンソースプロジェクトです。『Bootstrap』は、CSS、JS、およびフォントが基本セットになっています。HTMLのテンプレートソースを組み合わせて、レスポンシブ対応...続きを読む

2018.09.22BootstrapHTMLコーディング