【WP】ワードプレスのカスタムメニューのカスタマイズ

wordpress-nav-menus-customization

先日ご紹介をしたWordPressのカスタムメニューの機能。出力されるタグをみるとクラス名が多く記述されているのがわかります。記述されているクラス名を使いCSSでメニューのデザイン、表示など変更する事も可能ですが、クラス名が多すぎて煩雑になりやすいので、今回はよりカスタマイズしやすい様に標準のクラス名を独自のクラス名に置き換える方法をご紹介します。

標準的なカスタムメニューの出力例

// 標準的なカスタムメニューの出力例
<ul id="menu-menu" class="nav-menu">
<li class="menu-item menu-item-type-custom menu-item-object-custom current-menu-ancestor current-menu-parent menu-item-has-children menu-item-326" id="menu-item-326"></li>
</ul>

LI要素のクラス名を整理する

フィルターフックadd_filter()を使用する事で、カスタムメニューの出力タグに変更を加えることができます。

最初に、標準のクラス名を無くして、自分で指定したクラス名のみをLI要素に反映する方法です。以下のコードを「functions.php」内に記述します。

// (1)LI要素に共通のクラス名を指定する
add_filter('nav_menu_css_class' , 'my_nav_class' , 10 , 1);
function my_nav_class($classes){
  $classes = array(); // クラス名を初期化
  $classes[] = 'my_class'; // 出力するクラス名を設定
  return $classes;
}

wp_nav_menu()によって出力されるタグをみるとクラス名に「my_class」のみが反映されているのがわかります。

// (1)LI要素に共通のクラス名を指定する処理後の出力タグ
<ul id="menu-menu" class="nav-menu">
<li class="my_class" id="menu-item-326"></li>
</ul>

すべてのLI要素に共通するクラス名の場合は以上の処理で対応することができます。

次にLI要素ごとクラス名を変えたい場合はどのようにすればよいのか。実はWordPressの管理画面内でカスタムメニューを設定するときに、LI要素には独自にクラス名をつけることができるようになっています。

まずは、下の図のように各メニューの項目内にある「CSS class」にクラス名を入力します。

wordpress-nav-menus-customization-01

※ メニュー内容の設定欄に「CSS class (オプション)」の表示が無い場合は、ページ上にある「表示オプション」を開き「CSS クラス」にチェックが入っているか確認をしてみてください。

フィルターフックadd_filter()によって処理をしないままだと、上記で入力したクラス名は「menu-item」などの標準のクラス名と一緒に出力されます。そこで、不要なクラス名を無くすための処理として以下のコードを「functions.php」内に記述します。

以下のコードでは、使用するクラス名のみが反映される処理になっています。

「array(‘current-menu-item’,’my_class01′,’my_class02′)」の部分が、使用したいクラス名を指定している箇所になります。

// (2)LI要素に任意のクラス名を指定する
add_filter('nav_menu_css_class', 'my_css_attributes_filter', 10, 1);
function my_css_attributes_filter($var) {
    return is_array($var) ? array_intersect($var, array('current-menu-item','my_class01','my_class02')) : '';
}

wp_nav_menu()によって出力されるタグをみると管理画面で設定されたクラス名が反映されるようになっています。

// (2)LI要素に任意のクラス名を指定する処理後の出力タグ
<ul id="menu-menu" class="nav-menu">
<li class="current-menu-item my_class01" id="menu-item-326"></li>
<li class="my_class02" id="menu-item-326"></li>
</ul>

以上が、カスタムメニューのクラス名を置き換える方法の一例になります。出力されるタグはフィルターフックadd_filter()を使用する事で変更が可能です。上記で紹介した例以外でも独自の処理を加えて出力するタグを変更することができますので、目的に応じて試してみてください。

関連記事

【JavaScript】チェックボックスとラジオボタンのデザインをカスタマイズする『iCheck』

フォームなどで使われるチェックボックスとラジオボタンのデザイン。「jQuery」と「Zepto」を使いチェックボックスとラジオボタンのデザインをカスタマイズするライブラリ『iCheck』をご紹介します。 実装イメージ 『iCheck』はいくつかのスキンデータも用意され...続きを読む

2015.02.10HTMLコーディング

モバイルサイトを構築するときに役立つフレームワーク5選

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の普及に合わせて、モバイル端末によるWEBサイトへのアクセスやモバイルアプリケーションの需要が多くなってきていることを感じます。 今回はモバイル端末に最適化されたWEBサイトやアプリケーションを制作するときに役立つフレームワー...続きを読む

2015.02.08HTMLコーディング

静岡洋館巡り「旧マッケンジー住宅」フォトギャラリー

国登録有形文化財「旧マッケンジー住宅」を見てきました。旧マッケンジー住宅は、明治から昭和初期にかけて活躍した建築家のウィリアム・M・ヴォーリズによる設計です。現在にでも通じるシステムキッチンや浴室があり、70年以上前とは思えないほどの設備が整っています。 概要(引用) ...続きを読む

2015.04.06フォトギャラリー

魚時会館おさかな亭様WEBサイトの制作

藤枝市にある『魚時会館おさかな亭へ』様のWEBサイトの制作いたしました。魚時会館おさかな亭様は、藤枝駅より徒歩3分。昭和8年創業の老舗魚屋の目利きによる上質な海鮮料理、和食など静岡名物や料理を提供しおります。静岡県藤枝市で宴会・出前・法事・仕出し弁当のことなら魚時会館おさかな...続きを読む

2018.09.04WEBサイト制作

【フォト】皆既月食「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

みなさんは皆既月食ご覧になりましたか? 2018年1月31日の満月は「スーパームーン」として、普段みることができる月よりも大きく光り輝く月をみることができます。さらに、満月が1カ月に2回見られる「ブルームーン」であり、皆既月食のときにみられる「ブラッドムーン」という、月に関する...続きを読む

2018.01.31フォトギャラリー