【HTML】Bootstrap フレームワークを使い作成するレスポンシブサイト

bootstrap-responsive-site-design

Twitterのデザイナーや開発者が作成した『Bootstrap』は、フロントエンドのフレームワークとオープンソースプロジェクトです。『Bootstrap』は、CSS、JS、およびフォントが基本セットになっています。HTMLのテンプレートソースを組み合わせて、レスポンシブ対応のサイト制作が可能です。

テンプレートデータのダウンロード

『Bootstrap』は、こちらの公式サイトからダウンロードができます。基本セットの他に、ドキュメント、HTMLのサンプルソースなどが公開されています。

ライセンスについて

『Bootstrap』は、『Apache 2 license and is copyright 2013 Twitter. 』とされています。

「Apache 2 license」については、全ファイルへのライセンス表示は必要なく、リファレンスのみでよい。また、頒布される二次的著作物が同じライセンスで提供されたり、フリーソフトウエア、オープンソースソフトウェアとして頒布されることを要求しない。要求するのは、ユーザーがそのソフトウェアにApache Licenseのコードが使われていることを知らせる文言を入れることだけである。ライセンスされたファイルそれぞれに元々ある著作権と特許権の記述はそのまま保持し、修正がある場合は、その旨を追加記述をする。

wikipediaより一部引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/Apache_License

ダウンロードした『Bootstrap』のる著作権と特許権の記述はそのままにして、可変なく使用すればOKというライセンスみたいですね。

ダウンロードファイル

『Bootstrap』は、以下のファイルで構成されています。HTMLのページデータは含まれていないので、サンプルテンプレートなどを参考に独自で構築します。

bootstrap/
├── css/
│   ├── bootstrap.css
│   ├── bootstrap.min.css
│   ├── bootstrap-theme.css
│   └── bootstrap-theme.min.css
├── js/
│   ├── bootstrap.js
│   └── bootstrap.min.js
└── fonts/
    ├── glyphicons-halflings-regular.eot
    ├── glyphicons-halflings-regular.svg
    ├── glyphicons-halflings-regular.ttf
    └── glyphicons-halflings-regular.woff

制作の注意点

『Bootstrap』は、古いInternet Explorerの互換モードではサポートされていないので、最新のレンダリングモードで表示できるように配慮が必要です。

※「IE=edge」と指定することで、Internet Explorer 8 に対して、利用できる最も互換性の高いモードを使用するよう指示できます。

<meta http-equiv= "X-UA-Compatible" content= "IE=edge" >

『Bootstrap』のレスポンシブ対応は、主に「max-width」や「min-width」の横幅で識別しているので、「max-width」や「min-width」の表示対応ができていないIEのバージョンでは機能しなくなってしまいます。

古いInternet Explorerでもレスポンシブ対応させたい場合は「Respond.js」などを合わさせて導入すると「max-width」や「min-width」などの表示を補うことができます。

HTMLサンプルページ

公式サイトでサンプルページのソースが公開されています。一般的なサイトのレイアウトをはじめ、画像のスライド、ナビゲーションなどサンプルソースを組み合わせるだけでもサイトを構築することができます。

グリッドレイアウト

『Bootstrap』のバージョン3からは、グリッドによってレスポンシブサイトのレイアウトを作成することができます。

Extra small devices
携帯電話
Small devices
タブレット
Medium devices
デスクトップPC
Large devices
デスクトップPC
ブラウザ表示幅 768px未満 768px~991px 992px~1199px 1200px以上
container最大幅 auto 750px 970px 1170px
Class名称 col-xs-** col-sm-** col-md-** col-lg-**
カラム数 12
カラム最大幅 auto 60px 78px 95px
カラム余白 30(左右に15pxの余白)
入れ子表示 有効
オフセット表示 無効 有効
カラム表示順 無効 有効

クラス指定で端末毎に対応する「col-xs-**」、「col-sm-**」、「col-md-**」、「col-lg-**」をそれぞれ振り分けます。「**」の値が合計で「12」になるように設定をします。

下記のサンプルの場合、768px未満は「1コラム」、768px~991pxは「3コラム」、992px~1199pxは「4コラム」、1200px以上は「6コラム」となります。


  <div class="container">
    <div class="row">
        <div class="col-xs-12 col-sm-4 col-md-3 col-lg-2">コラム</div>
        <div class="col-xs-12 col-sm-4 col-md-3 col-lg-2">コラム</div>
        <div class="col-xs-12 col-sm-4 col-md-3 col-lg-2">コラム</div>
        <div class="col-xs-12 col-sm-4 col-md-3 col-lg-2">コラム</div>
      </div>
    </div>

コーディング

グリッドシステムを基本レイアウトとして、「Typography」、「Tables」、「Buttons」、「Images」、「icon」などの基本的なコードが定義済みになっていますので、定義済みの内容を利用すれば制作も素早く進みそうです。

関連記事

【デザイン】アイディアに溢れたウェディングポートレート

ユーモア、クリエイティブ、アートさまざまなアイディアに彩られたウェディングポートレートをまとめてみました。 matt shumate Photographer 主にウェディングなどの写真を撮影されているフォトグラファーの「matt shumate」氏のポートレートより...続きを読む

2015.02.15インスピレーション

【WP】WordPress5.0の編集エディターを旧バージョンに戻す方法

WordPressのバージョンが、これまでの4.0の系統から5.0系統の最新版へのリリースとなりました。 安全性やバグの修正はもちろんですが、今回、5.0系統の最新リリースで大きく変わったのが投稿時の編集エディターとして「Gutenberg」が標準採用されたことだと思います...続きを読む

2019.02.13WordPress

【WP】ユーザーの一覧、ユーザー別に最新記事を表示する方法

キュレーションサイトなど最近では複数のライターによって運営される情報サイトをよく見ることができます。そのようなサイトにおいて、ユーザーの一覧を表示する、さらには1ページ内にユーザー事に最新記事を表示するといったページがほしいときがあります。 今回は、WordPressでユー...続きを読む

2016.07.14WordPress

藤枝おんぱく2019「No33.蓮華寺池公園を着物でおさんぽしながら カメラマンに学ぶ着物姿の撮り方」

藤枝おんぱく2019「No33.蓮華寺池公園を着物でおさんぽしながら カメラマンに学ぶ着物姿の撮り方」のプログラムの案内人をしました。 お気に入りの着物を着て、春の蓮華寺池公園界隈を散策しながら、人物撮影のテクニックを学ぶことができる写真の講座と街歩きを合わせたプログラムを...続きを読む

2019.05.05フォトギャラリー藤枝

【WP】ワードプレスで会員登録機能を実装するプラグイン「WP-Members」

今回紹介するプラグイン「WP-Members」を使用すると、WordPressでユーザーの登録フォームを公開したり、会員情報として住所やフリガナなど項目をカスタマイズすることや、登録しているユーザーのみに記事を限定に公開する機能を構築することができます。 WP-Member...続きを読む

2016.07.01WordPress