【HTML】Bootstrap4を使いレスポンシブサイトをコーディングする《導入編》

bootstrap-responsive-site-design

Twitterのデザイナーや開発者が作成した『Bootstrap』は、フロントエンドのフレームワークとオープンソースプロジェクトです。『Bootstrap』は、CSS、JS、およびフォントが基本セットになっています。HTMLのテンプレートソースを組み合わせて、レスポンシブ対応のサイト制作が可能です。

Bootstrap4を使いレスポンシブサイトをコーディングする最初の導入編について解説をします。

Bootstrap4の導入

Bootstrap4を使う場合は、CSSとJavascripファイルのパッケージをダウンロードして利用する方法と、BootstrapCDNを利用する方法があります。

CSSの設定

内にて、スタイルシートを読み込みます。

<link rel="stylesheet" href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.1.3/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-MCw98/SFnGE8fJT3GXwEOngsV7Zt27NXFoaoApmYm81iuXoPkFOJwJ8ERdknLPMO" crossorigin="anonymous">

JavaScriptの設定

Bootstrap4は、jQuery、Popper.js、Bootstrapライブラリの3つのファイルが必要になります。ページ末の付近に各Javascripファイルを読み込みます。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.slim.min.js" integrity="sha384-q8i/X+965DzO0rT7abK41JStQIAqVgRVzpbzo5smXKp4YfRvH+8abtTE1Pi6jizo" crossorigin="anonymous"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.14.3/umd/popper.min.js" integrity="sha384-ZMP7rVo3mIykV+2+9J3UJ46jBk0WLaUAdn689aCwoqbBJiSnjAK/l8WvCWPIPm49" crossorigin="anonymous"></script>
<script src="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.1.3/js/bootstrap.min.js" integrity="sha384-ChfqqxuZUCnJSK3+MXmPNIyE6ZbWh2IMqE241rYiqJxyMiZ6OW/JmZQ5stwEULTy" crossorigin="anonymous"></script>

コーディング

Bootstrap4では、HTML5を基本コーディングとしています。

<!doctype html>
<html lang="jp">
  <head>
    <!-- Required meta tags -->
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, shrink-to-fit=no">

    <!-- Bootstrap CSS -->
    <link rel="stylesheet" href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.1.3/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-MCw98/SFnGE8fJT3GXwEOngsV7Zt27NXFoaoApmYm81iuXoPkFOJwJ8ERdknLPMO" crossorigin="anonymous">

    <title>Hello, world!</title>
  </head>
  <body>
    <h1>Hello, world!</h1>

    <!-- Optional JavaScript -->
    <!-- jQuery first, then Popper.js, then Bootstrap JS -->
    <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.3.1.slim.min.js" integrity="sha384-q8i/X+965DzO0rT7abK41JStQIAqVgRVzpbzo5smXKp4YfRvH+8abtTE1Pi6jizo" crossorigin="anonymous"></script>
    <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/popper.js/1.14.3/umd/popper.min.js" integrity="sha384-ZMP7rVo3mIykV+2+9J3UJ46jBk0WLaUAdn689aCwoqbBJiSnjAK/l8WvCWPIPm49" crossorigin="anonymous"></script>
    <script src="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.1.3/js/bootstrap.min.js" integrity="sha384-ChfqqxuZUCnJSK3+MXmPNIyE6ZbWh2IMqE241rYiqJxyMiZ6OW/JmZQ5stwEULTy" crossorigin="anonymous"></script>
  </body>
</html>

ブラウザの対応

Bootstrap4は、CSS3、HTML5によるコーディングになるため、CSS3またはHTML5をサポートしていないブラウザでは正しく動作しない場合があります。

サポートしていないブラウザでも、CSS3やHTML5をサポートするライブラリや、記述を追加することで一部回避するすることも可能です。

ブラウザ/OS Chrome Firefox Internet Explorer Microsoft Edge Opera Safari
Mac v45以降 v38以降 v30以降 v9以降
Windows v45以降 v38以降 IE10+ v12以降 v30以降
ブラウザ/OS Chrome Firefox Safari Android Browser
&
WebView
Microsoft Edge
Android Supported Supported Android v5.0+
supported
Supported
iOS Supported Supported Supported Supported
Windows 10 Mobile Supported